自然で快適な着け心地|ブラの通販で購入するだけで大人に一歩近づける

ブラの通販で購入するだけで大人に一歩近づける

自然で快適な着け心地

レディ

長時間でも疲れないものを

医療用ウィッグは、抗がん剤治療などによる脱毛があった場合に着用するウィッグのことを言います。現在では、目立たなく自然に見えるものがたくさんあります。しかし、初めてウィッグを使用するとなると、どのポイントに気を付けて選べば良いのかわからない場合もあります。医療用ウィッグは、普段使いのウィッグと違い、日常的に使用するものです。着用していて疲れてしまうものは避けなければなりません。長時間付けていても疲れを感じないもの、治療中敏感になっている肌にも優しいもの、熱や汗がこもらない通気性の良いもの、などを選ぶと快適に着用できます。治療中は、脱毛時から発毛時と、髪の状態が変化していきます。そんな変化にも対応できるよう、サイズ調整もできるウィッグを選びましょう。

様々な特徴

医療用のものは普段使いのものと違い、着用していて不自然ではないもの、肌に優しいもの、通気性の良いものといった特徴が挙げられます。人口頭皮が付いているウィッグもあり、上から見た場合の分け目も自然です。髪も人毛を手植えしているものが多いので、見た目や触り心地も自毛とあまり変わりません。ヘアアイロンやドライヤーを使用できる耐熱性のものが殆どなので、医療用ウィッグであってもヘアスタイルを楽しむことが可能です。医療用ウィッグには、はっきりとした基準がなかったのですが、2015年に日本工業規格(JIS)が制定されました。JIS規格適合品を選ぶと、安心して着用できます。治療中は何かと気が塞ぐものです。医療用ウィッグを使用することで、気分転換にもなり外出もしやすくなります。